占い、電話占いのことなら、「占い電話帳」。

■占いについて

 皆さんは占いを信じますか?一般的に占いというのは、様々な方法を使って運勢や人の深層心理、または未来といった触れることのできない出来事を判断したり、またその方法のことを指します。しかし、占いは直接触れることができないが故に、本当に当たっているかすらもわからないものです。本当に占いを信じていいものかどうかを考えてしまいます。今日において占いは多種多様なものがあり、どれを選んでいいか分からないものですよね。まるで、さまざまなサービスが存在するカードローンのサービスのよう…。占いの道具でさえも神秘のパワーストーンといったものがあるので、占いと言っても難しいでしょう。そこでここでは、いつでもどこでも好きな時間に、誰もが電話ひとつで自分の将来を占ってもらうことが可能な「電話占い」について、主にご紹介しているサイトです。まずは、電話占いについてご紹介する前に、「占い」の概要についてご紹介させていただきたいと思います。

■占いの概要

 占いを行ったり鑑定する人を占い師と呼んだり、易者と呼んだりします。また手相家や人相家、あるいは気学家など呼び名はさまざまですが、「先生」とお客さんから呼ばれることが一般的ではないでしょうか。占いは、当たるかどうか分からない不確かなものです。とはいえ、昔から占いは必ず当たることを前提で占っているというわけでなく、当たらなければ当たらないで問題ありません。占いはそういった職種という意味で、「はずれがない」、「裏が無い」、「裏無い」といった皮肉をこめて書く場合もあるそうです。占いは「統計」による結果だという関係者もいるのですが、個人の経験で培った理論で占いは成り立っているように思えます。占いは、統計学や科学といったものとはまた別のもののように感じます。占星術で例えてみると、占星術は天文学を元に考えられたものでしたが、天文学が後に自然科学として分岐し発展したため、今の占星術とは全く関係がないものとなっています。また、風水においても同じことが言えるのですが、風水に地理の別名があり、地理は社会科学と地理、そして地理による吉凶占いの地層術が混ざり合っていたようです。
 占いはこれまで、科学的要素が入っているという説が昔から言われてきたわけですが、科学的根拠が実証されたことはないのです。にもかかわらず、女性を中心に占いは現在でも人気で、占いを信じる人が多いので度々ビジネスとして利用されてきました。その中には悪知恵を働かせて悪徳商法を行う者もいるのですが、これはもう立派なと詐欺としか言いようがありません。それなのに占いの規制する法律が特にないことから、こういった卑劣な手口がそのまま野放しになっている状態なのです。占いをするときには、十分注意しましょうね。

■現代における占い

 現代の占いはさまざまなものがあり、ありとあらゆる方法の占いを目撃することができます。直接占い師が目の前で占ってくれる「対面占い」や電話を通じて占い師に占ってもらう「電話占い」、インターネットのチャットを利用してその人の運勢を占う「チャット占い」などバラエティに富んでいます。そしてインターネットが普及した現代では、サイト上で占う占いコンテンツとして占いを楽しむことができるようになりました。信憑性が証明されていない占いですが、人々を魅了する効果があるのは間違いないでしょう。加藤大岳という有名な易者は、占いで野球クジを購入してそれでよく当てていたという言い伝えが残っている程です。占いを大きく分けると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の種類に分かれており、目的に応じて占い師は命・卜・相の占いを使い分けたり、あるいは組み合わせて占いを行います。また命・卜・相に医、山といわれる肉体と精神を鍛錬したものを加えて五術とも呼ばれます。占いは、根拠がないものでありながらも人々を魅了するほどの効果を発揮するため、占いを信じるか・信じないかの両極端になるのでしょうね。根拠がないから信じないという人や、根拠がなくても面白いから信じるといった具合に。ただ、昔から存在する占いが今でも廃れずに残っているということは、道に迷ったときなどに人は未来を予見したいという気持ちに駆られるからなのかもしれません。

注目サイト

サイクルウェアをお探しの方へ

名前シールを自慢しよう

パワーストーンブレス専門店

              Copyright (C) 2008 電話占い帳. All Rights Reserved.                          ご意見・ご感想